2005年01月27日

最高裁:韓国籍職員 管理職選考受験拒否 合憲判断。

となにやら漢字ばかりですけど。

難しい問題ですよね。東京都の管理職選考試験において、韓国籍を持つ職員の受験を拒否した−

これが法の下の平等などを定めた憲法に違反している、として在日韓国人・都の職員の女性が都を訴えた裁判なのですが、一審では敗訴。二審では勝訴して慰謝料40万円の判決。そして、都が控訴して、この度三審…最高裁の判決が出ました。

「住民の権利義務を定め、範囲を確定する公権力の行使や、重要な施策決定に参画する、といった公務員は、国民主権の原理に照らし、外国人の就任は想定されていない。」という事を理由に、「管理職を含む一体的な任用制度は自治体の判断に任される」として、合憲と判断を下したものです。


正直、これはとても難しい問題だと思います。国に重要な影響を与えうるポストに、日本国籍を持たない人を就任させて良いのか。私は、一概には賛成できない問題だと思います。

ただ、その訴えを起こしたのは、「保健師」として勤める、父が韓国人・母が日本人で、日本で育った在日韓国人であります。果たして、保健師の管理職が、懸念される様な重大な影響を与える事があり得るのか? 母親が日本人(現在の国籍は不明)であるにも関わらず、娘は日本人としての権利を与えられないのは、正しいのか?

私は、一概に全ての管理職を開放する事には懸念を覚えますが、こうした一件一件の問題については個々に検討する余地は有るのではないでしょうか?

都が判断する事だ−として合憲か否かの具体的判断を避けた事には疑問が残ります。
posted by しおん♪ at 16:13| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1733268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。