2005年04月18日

過去の問題発言(掲示板)について

蒸し返す事も無くこのまま誤解している人はそのままでかな… と思っていたのですが、ちょうど某氏が過去ログをわざわざ上げてくれた様ですので便乗して。 これは某掲示板での私の発言です。
何を伝え何を言いたかったのか、横に脚注をいれてあります。
前書き

◆みなさんへ。
長らくご無沙汰していましたが、少しお返事をすべき事が増えてますので、仮にでは有りますが、この掲示板に復帰します。

ただ…掲示板の性質として、ForSide全員の為にBacteriaさんが用意してくれた場所ですので、有意義に使いたいと考えています。
さて、そこで復帰にあたり、最初で最後として、彼について書きたいと思います。
私が書かないと納得しない方も−色々聞きたい方も居られる様ですので。

どうでも良い部分

『但し、あくまでもこれは私の側からの一方的な見地に立った意見です。
彼の側から見れば、件の質問の様に異なる解釈となるようですので、
私の意見が全て真実だとは思わないで下さい。』

私は以前の一連の(=先月中旬の)問題では、彼とは対等に向かい合おうと思いました。
大半が、彼に対して否定的な意見を述べている中、
彼を人数の利によって一方的に責めるのでは無く、きちんと彼の意思・意図を聞く為に、
その上でこちらの意思・意図も伝える為に。
 つまり意見を交換し、理解しあい、
結果彼と相互に認め合う事が出来れば−結果彼が改善されるならば、と彼へのアポイントを試み、
掲示板に書き込み、またその為に、彼と対等に1:1での話し合いの為に、
この掲示板から離れた訳です。皆様との連絡を絶った訳です。

URL ---> sun.iruka.ne.jp/a7/iruka.cgi?syuurou
上の掲示板が、第三者の方が私と彼の両方の意見を見る事が出来る、問題の彼の掲示板です。

見て頂ければ判ると思いますが。
私は彼を排除しようと考えていたのではなく、
彼の問題点(=左巻き発言などの、当時の一連の発言)を私なりに指摘し、
そうした物を改善してくれれば受け入れたいという事を言いに言っている訳ですね。

この書き込みをした後、某氏に対して
『私の(この)意見を見てなのかどうかは判らないが、彼の態度が軟化してきている。
今の彼が続き、このままであるなら私は受け入れるのに吝かではない』とメールで発言しております。
「今現在の彼」を否定している訳ではありませんし、
その事は上記の通り、第三者である某氏にメールを提出公開して貰えば明らかになりますが。

ところが、この私の意見は、
その後3週間も放置された後のお返事−私の想像とは全く逆の−
こちらの意図を曲解・誤解・偏見に満ち溢れた回答を頂き、また、件の彼の質問になった訳ですが。
また3週間前の彼に対して言った私の意見に対して、
「きちんとした意見を出している」と『今の彼』が返答をした所で話は平行線のままですしね。
っていうか、わざとそうして、『今の自分』をでっち上げる為に、
返事を今まで先送りにしたんじゃないかと疑心暗鬼に疑ってしまう位ですが。

まぁ、彼からのお返事で、もう彼との結論を出す事は諦めていましたが、
彼の質問を見て、掲示板で遠慮しているのも馬鹿らしくなってきた訳で。
私は、人には表と裏がある物と理解しています。
そして、私自身、色々な裏の面も持っています。それは否定しません。

まぁ、私の彼に対する意見はこの様な感じです。

『あくまでも私の側の意見ですので、彼の立場の意見は含まれていません。
私が全て真実だとは思わないし、間違えている所もあると思います。
またはどちらも正しく、ただ意図している内容が食い違っているだけなのかも知れません。』

特にこの書き込みは、私の感情が入っている部分が多く含まれていると思います。
ですので、上の文章は「私の一方的な感情が込められた、曲がった意見の一つ」として見て下さいね。

皆さんには「冷静に」彼の意見も見て、平等に自分なりの意見を考えて頂ければ幸いです。

肝心な部分

まぁ、愚痴のレベルであれば、そういうのも含めて掲示板の一つのあり方だと思いますが、 掲示板の参加者の殆どがその愚痴に同調する様になると、 一部の人間を排除する掲示板となりかねません。それはとても残念な事です。

また、みなさんが私に対して彼の話をここで振ったならば、 私はそれに大して素直にお答えせざるを得ないでしょう。
結果、意図するしないに関わらず、 まさに彼が過去に言ったとおり「徒党を組んで一部を排除する」動きと見られる口実を与える事になります。
そしてそれは、そこに正義が有ったとしても、事実には違いない現実になってしまいます。

今回ここに私がわざわざ彼に対する意見を「そうした危険を承知で」書き込みした事は、彼を貶める目的では無く、 いつまで経っても彼に関する話題がこの掲示板から消えない事に業を煮やしたからです。
これで最後にしたいからです。

その様な理由で、
今回の件に限らず「一部の愚痴への賛同や同調」は避けて頂ける事を期待します。
愚痴は誰でも溢すでしょうし、それをフォローしたり慰めたりするのは 仲間である人間の役割だと思っています。そういう事は問題無いです。
だけど、愚痴に対して同調し、 それを見た何も知らない第三者までもがその否定的意見に犯される事は避けるべき事だと思います。

それでも納得しない人に。メールの薦め

チャットやメール、他の場所ならそういう事もOKですが、
彼もここに来る事は充分ありえる事です。
彼に聞かれても構わない事でしたら、彼も呼んで正々堂々論議をすれば良いし、
彼に聞かれて困る事ならば、チャットや他の(クローズな)掲示板、またはメールでお話すべきだと思うからです。

またさらに、私自身、一ヶ月前からの一連の騒動について、
そして結果としての今回の彼の反応に対しては、
これまで通り彼を受け入れる姿勢ではなく、
「今後は」感情的に反発する姿勢にならざるを得ない部分もあると思います。

ですので、彼の件に対する疑問や質問、感想や同意、反論や意見などの全ての物は、
ここにではなく「メールで」お送り頂ける事を希望します。

[どうでも良い部分] とした部分は、やはり書くべきでは無かった。
むしろ、掲示板で発言したかった訳ではありません。それを「自己主張」と受け取った人が大半の様ですが、掲示板には持ち込みたく無い事でした。

では何故あえて書いたのか。 私はこれより1ヶ月前(今から2ヶ月前)に、既に一度「彼の話が出る間は自粛する」と述べました。それは、表向きは「みなに迷惑を掛けない為」と言いましたが、実際には「特定個人の話題(批判)が止まれば良い…」そう思ったからです。

私がそう言って去ってしまえば、みなもそうした話題を遠慮するかな…と。暫くは効果があったけど、彼が何か問題発言をする度にぽつり、ぽつりと話題に上がってくる。
業を煮やして、仮復帰宣言と共に「その話題に(※掲示板では)終止符を打ちたい」と書き込んだ訳ですが、「最後にしたい−」という部分ではなく、私の「彼に対する考え」部分だけが一人歩きをしてしまった形になってしまい、むしろ逆効果となった様です。

その後、暫くして、Gooさんの発言・指摘に繋がる訳です。

正直、既にこうした問題はgooさんの指摘のおかげで収束し、今は健全な掲示板の姿になってきています。私はそれを歓迎しますし、過去の問題は過去の問題として、忘れてはならないけれども掘り起こすつもりはありませんでした。ただ、そうして誤解を受けたままでというのが少し気掛かりだったのですが、今回、彼がわざわざ過去ログを掲載し、掘り返してくれましたので、「言うなら今しかない」的に話題に取り上げました。

まだ、掲示板で話して良い事、悪い事、公開すべき事、非公開とすべき事。色々な問題が「表面化していないだけで」問題は残っているものだと思います。しかし、今の良い空気を守って、健全な方向に進んでくれればいいな。そう願います。

posted by しおん♪ at 04:53| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。